引出物と内祝

「引き出物」は、披露宴の出席者に贈るもの。
「結婚内祝」は、披露宴にご招待できなかった方への “お祝返し”として贈るものです。

内祝いの予算の目安は?
内祝いの予算は、いただいた金額の半額程度が目安。 品物でいただいた場合には、その品物のおおよその金額の 約半分~3分の1程度の物を贈るのが一般的です。

内祝いを贈る時期は?
内祝は、結婚式の約2週間後ぐらいに贈るのがベター。 遅くとも一か月以内には届くようにしましょう。 その際には、礼状などを添えると良いでしょう。

20131005-img41.jpg

2マナーとポイント

◆のし
結婚の内祝には、10本の水引で結んだ「結び切り」ののし紙を使用します。
「結び切り」は一度結ぶと引っぱってもほどけないことから、重ねて起きては困る、 一度きりでよいことがらのときに用いられる形式。 10本の水引は、5本と5本の2色の水引をあわせて10本にすることから、 新郎新婦両家が一つにまとまることを意味するとも言われます。
表書きは、「内祝」とするのが一般的。 「結婚内祝」「寿」でもOKです。
下段には両家の姓か、新郎新婦の名前を連名で記すのが主流。 ご両親の関係者へは両家の姓で、2人の友人へは新郎新婦の連名でと、 贈る相手に合わせて変える人もいます。
のしのサンプルを見る

◆選ぶ時のポイント
相手の好みがわかっているなら、趣味に合わせた品を贈るのがGOOD。
好みがわからない場合は、タオルや食品などの実用品や、 相手の方が品物を自由に選べるカタログギフトなどが人気です。 相手の年令や家族構成などを参考にセレクトするのもオススメ。 金額が合うようなら、引き出物と同じ物でもOKです。 贈り忘れがないように、お祝をいただいた方のリストを 作っておくのもポイントです。

ギフトプラザくわなのサービス

◆ご婚礼・引き出物
各種挙式場への持ち込み料を当店が負担いたします。(1ヶ所に付き3,500円以上の品)
◆結婚内祝
お二人の写真付きメッセージカードをサービス
◆ メンバーズカード会員に登録されると、ポイントにて還元させていただきます。 (現金でお買上げの場合) メンバースカード特典はまだまだあります!→詳しく見る

20131002-bottm01.jpg
20131001-contact