20131001-titlle04_1.jpg
一般的によく選ばれるのは、いくつあっても困らないタオル類、洗剤などの消耗品、日持ちのする食品などですが、 相手の方に喜んでいただけることが一番です。 親しい間柄であれば、日ごろから好きなものを調べておいて贈ることで、人間関係がますます深まります。 とはいえ、相手の気持ちの負担になるほどのものは避けるのもマナー。先輩方の経験談をご活用下さい

20131001-icon_1.jpg定番の消耗品で間違いなし

ご近所の主婦の方に、昔はお祝儀のお返しに洗剤はタブーだと聞いていましたが、迷った挙句洗剤をお渡したところ、必ず使う消耗品は助かるとすごく喜んでいただけました。それから、お祝い返しはいつも消耗品にしています。


20131001-icon_1.jpgせっかくのプレゼントだから、楽しみながら選んでいます

雑貨好きの友人にはイタリアのキッチン雑貨を、紅茶が好きな友人にはすごくいい香りのするハーブティーを、料理好きな友人には無添加ドレッシングの詰め合わせをと、好みの分かる友人はそれぞれ違うものを選びました。ツボをとらえたセレクトが、“わかってくれてるな”っととても喜んでもらえて嬉しかったです。数が多いと大変ですが、相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶと楽しいですよ。


20131001-icon_1.jpgお返しをする季節も考慮して

夏に出産しました。ご近所のお相手の方が大好きなチョコレ ートを内祝に用意しましたが、夏休みの時期だったため、相手の方が長期で留守にされていて、すぐに渡すことができませんでした。のしをつけて包装していたため、冷蔵庫に入れることもできず、とりあえず、涼しいところに保管しお渡ししましたが、チョコレートの状態がずっと気になって仕方ありませんでした。


20131001-icon_1.jpgめっちゃ嬉しかったです!

めっちゃ欲しかったルクルーゼを結婚祝のお返しに頂きました!結婚式に行けず、お祝いだけしてたんですが、内祝いで頂いちゃいました。めっちゃ嬉しい!!煮込み料理には抜群のルクルーゼ。結婚祝いにも大人気ですけども、まさか内祝いで頂けるなんて・・。


20131002-lanking.jpg

1位お茶・海苔・コーヒーなど、ストックがあっても困らない「食べ物」
2位タオル・洗剤・石けんなどの「生活消耗品」
3位欲しいものを選んでいただく「カタログギフト」

20131002-bottm01.jpg