そもそも、出産内祝って何?

内祝とは、「内々のお祝」のこと。 もともとは、結婚や出産、長寿といった内輪のお祝い事を、お世話になった人や ご近所さんへお赤飯やおモチ、紅白まんじゅうを配って伝えたのがはじまりです。 今では「出産の内祝=お祝返し」のイメージが強いけど、実は赤ちゃんのお披露目や、 Happyのおすそ分け、といった意味が込められているんです。

対象はお世話になった人と、お世話になる予定の人
お祝いをいただいた方はもちろんだけど、出産でお世話になった方や、実家の両親にも内祝いは忘れずに。 マンションなど赤ちゃんの泣き声が聞こえやすい所に住んでいる人は、お向かいやお隣さんへのご挨拶も兼ねて、ちょっとした品を渡しておくとベストです。

予算

お祝返しの金額は、いただいたものの半額が目安です。 ですが、高額な場合は特にこだわらなくても大丈夫です。 出産内祝は、赤ちゃんの「お披露目」ですから、感謝の気持ちが伝わればOKです。 親しい身内の人には、内祝いの品物に近況を知らせる手紙や赤ちゃんの写真を添えた方が、 心遣いが伝わり喜ばれることでしょう。

Q.いただいた品の金額が分からない場合は?
Q.出産祝をいただいていない相手に内祝を贈りたい場合の相場は?

時期

まずは、出産祝いをいただいた方へ3日以内にはご連絡を。 「ありがたく頂戴いたします」という電話や手紙を受け取ることで、贈り主の方は祝い品が手元に届いたことを確認でき、 安心されます。そのお礼としての内祝いのお届けは、出産一か月後が目安です。 産後一か月程入院される場合もあるので、2か月以内のお届けを心得ていれば大丈夫でしょう。 ギフトプラザくわなではお店にお越しいただかなくても、カタログよりFAXにてご注文いただけます。 カタログをご希望の方は、メールにてお気軽にご連絡下さい。 →カタログ希望の方はこちら

産後は赤ちゃんのお世話だけでも忙しい時。 だからこそ、内祝いの準備は妊娠中から進めておくことは重要なことです。 出産前は赤ちゃんの準備ばかりに気持ちが集中しがちですが、内祝いについてもできることは済ませておくと、 産後にあわてることがありません。

 
出産前に ◆カタログの取り寄せ
◆贈る人のリストアップ、住所録の整理
◆相手の好みをあらかじめリサーチ

できることはこの時期に済ませておくとGOODです。
出産後 出産祝いが届く
赤ちゃんが生まれたら、誕生を知った方から、出産祝いが届き始めます。
お祝いをいただいたら、3日以内に電話や手紙でお礼を伝えましょう。 自宅に届くお祝いもチェック。里帰り出産で、産後も実家で過ごしている間に、自宅に出産祝いが届くケースがあります。 いつ、どなたから、どのようなお祝いが届いたか、もれのないように確認しましょう。
 ↓
リスト管理
お祝いの品をいただいた方と、その方への内祝いの内容をリストにしましょう。 贈りもれのないように、確認はしっかりと。
 ↓
注文
リストを元にカタログなどから発注しましょう。里帰りの中でも、時期はズレないように注意しましょう。

サービス

赤ちゃんの写真つきメッセージカードをすべての商品にお付けします。
(総額2万円以上の場合) →メッセージカードのサンプルを見る
のし紙は7種類の中からお好きなデザインをお選びいただけます。 →のし紙サンプルを見る
赤ちゃんのお写真をA2サイズ(新聞紙1面の大きさ!)のポスターにしてプレゼントいたします。 お写真と一緒にお名前、お誕生日、身長、体重もプリントできます。 (総額5万円以上の場合) ご両親にもプレゼントしたいなどの場合は、ポスターだけでも承ります。1枚 2,100円
メンバーズカード会員に登録されると、ポイントにて還元させていただきます。 (現金でお買上げの場合) メンバースカード特典はまだまだあります!→詳しく見る

20131002-bottm01.jpg

20131001-contact.jpg